鎌倉在住、共働きパパがおすすめする!子連れでいけるランチ、ディナー5選!

ローカル

今日は、ローカルな話です。

10月後半ともなるこれからまさに紅葉のシーズンですね。
そんな中、あなたはどこにお出かけしますか。

神社、仏閣など観光名所も多く、海と山に囲まれた鎌倉。
都内近郊から子連れで来られる方のいるのではないでしょうか。

そんな方に、鎌倉在住のぼくら夫婦が子連れでランチ、ディナー出来る5つのお店をご紹介します。

燻太

乳児 ◎
幼児 ◎
ベビーカー入店 ×
子ども用イス ×
タバコ △(全席禁煙・デッキは可)
子供用メニュー 有り
駐車場 あり(1台)

エリア:材木座

燻製の専門店。手作りのベーコンが絶品。定番のベーコンに加えて、季節ごとに変わった素材の燻製や、お酒好きのオーナー夫妻が作る各種おつまみでほっこり飲めます。

大人は軽く一杯飲みながらランチをするのもよし、ディナーでゆっくり食事するのもよいです。

靴を脱いで入店するスタイルなので、ベビーカー入店は無理ですが、外にベビーカーを置かせてもらうのはOK。

また敷物を持参すれば床に赤ちゃんを寝かせておくことができます。

多少赤ちゃんがウロウロしても他のお客さんに迷惑にならなければ大丈夫そう。

オーナーの奥さんが赤ちゃんにはとても優しく対応してくれます。子供用に焼きカレードリアやマカロニグラタンなど、小さいサイズのメニューやジュースもあります。

燻太 食べログ

Woof Curry

乳児 ◎
幼児 ◎
ベビーカー入店 △
子ども用イス ×
タバコ ×(全席禁煙)
子供用メニュー 無し
駐車場 無し

エリア:長谷

丁寧に作られた美味しい欧風カレーが食べられます。

チキン、ビーフ、ポーク、野菜の定番から色々選べますが、やはりここはゴロゴロと具材が入ったスペシャルカレーを堪能して欲しいところ。

店内は広くないのですので、ベビーカーをテーブルに横付けしての食事は出来ません。スリングや抱っこでの食事は可能。
(ベビーカーを店内や外のスペースに置いておいてもらえるかは要相談です…)

幼児向けには辛ければ生クリームをプラスすることも可能。

ジュースやヨーグルトドリンクもあります。

Woof Curry 食べログ

かまくら小花寿司

乳児 ◎
幼児 ◎
ベビーカー入店 △
子ども用イス ×
タバコ ×(全席禁煙)
子供用メニュー 無し
駐車場 無し

エリア:長谷

きちんとしたお寿司。鎌倉文学館の近くにあり、なんとなくいい雰囲気のあるお店です。
実は、夏目雅子さんも生前通われていたというお寿司屋さん。

にぎりだけも良いですが、せっかくなのでコースで美味しいおつまみも堪能して欲しい。

お座敷があるので赤ちゃんを寝かせておくこともできます。子連れ家族は、事前に電話でお座敷を予約するとよいでしょう。
(ベビーカーを店内や外に置いておいてもらえるかは、やはり要相談…。予約時に電話で確認すると良いでしょう。)

おかみさんが赤ちゃんにも優しく対応してくれます。

子供用メニューは特別には無いですが、鉄火巻きや茶わん蒸しなどシェアで食べる事ができます。オレンジジュースあり。

かまくら小花寿司 食べログ

Pizzeria GG Kamakura

乳児 ◎
幼児 ◎
ベビーカー入店 ◎
子ども用イス ×
タバコ ×(全席禁煙)
子供用メニュー 無し
駐車場 無し

エリア:由比ガ浜

さすがのピザ専門店、窯で焼く本格的なナポリピザを、豊富なメニューから選べ、コスパも良し!

お腹いっぱいになるまでピザを満喫できます。

店内も広いので、ベビーカーのまま入店&食事できます。

メニューが豊富なので、子供が食べられそうなピザにしてシェアする形で一緒に食事ができます。

ジュースなどのドリンクメニューもあり。

Pizzeria GG Kamakura食べログ

Garden House

乳児 ◎
幼児 ◎
ベビーカー入店 ◎
子ども用イス ◎
タバコ ×(全席禁煙)
子供用メニュー 有り
駐車場 無し

駅近ですが、素敵な内装ときれいに整えられた緑に囲まれた空間で食事ができます。天気が良ければテラス席もなおよし。

パンケーキやピザなどの美味しいカフェメニューが豊富で、モーニングもお勧め。

店内が広いので、ベビーカーのまま入店&食事できます。子供用イスもあり。

ランチはキッズ向けのパンケーキプレートがあるので、子どもも喜ぶ食事タイムが過ごせます。

Garden House

最後に

今後も定期的に鎌倉で子連れでランチ、ディナーを出来るお店を紹介していきます。
地元の方はすでにもうご存知のお店が多いと思いますが、観光で来られる方は参考にされてはいかがでしょうか。

それでは、失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

加藤 佳祐 1985年生まれ。1児(やんちゃな2歳の女の子)の父。 大手化学メーカーで半導体素材の法人営業、マーケティングを10年続ける。いわゆるフツーのサラリーマンっす。 妻も同社で総合職で勤務。 2015年に注文住宅でマイホームを建てて、自然豊かな鎌倉に永住を覚悟。 日々、1時間半かけて都内まで電車通勤。通勤時間をブログでの情報発信に活用。 30代の現役共働きパパと、その予備軍に送る 仕事、家事、育児に忙殺されながらも、共働き人生を楽しむヒント、コツを日々発信していくブログ。